oslo について。

オーケストラでオーボエを吹く父と

音楽家系の家に育ったピアノ教師の母の元に育ち、

初めてピアノを弾いたときの譜面は「絵本」。

バレエで美しく表現することにふれ

絵や建築を学んできたオーナーが自らの手で作り上げる

完全手づくりのブランド oslo です。

あえて今の時代、時間と手間をかけて「手」で作ることにこだわって

夢は広く、ディテールは細かく、製作中!

手で作るこだわりが伝わらない

扱う素材は

2004年に起きたスリランカ沖地震によって、大津波が押し寄せたとき

多くのポリ容器が流れていくのをテレビの画面で見て

モノの素材について、より強く想うことになる。

それ以来、小さな単位でモノ作りをするosloでは、「土に還る」素材に

焦点をあてて

天然素材と再生可能な素材の良さが伝わらない

about oslo

I was born with my father who blows oboe at the orchestra in Tokyo
and a mother of a piano teacher who grew up as a musician family,

The score when I first played the piano is "picture book"
Learning to express in the body from the ballet,
It is a completely handmade brand, oslo, made up of owners who have studied painting and architecture.

Copyright ⓒ 2017 oslo. All Rights Reserved.